2017年9月8日 <放送後追記>

2017/10/23

<放送後追記>
先ほど、番組を見ました。今回、笑顔流は出てきませんでした。漂流ポストのエピソードが中心でしたね。けれども、知らなかったことも沢山あり、涙が出てきました。熊谷さんからは、次回の教室を楽しみにしているとメッセージを頂いています。ご覧くださった、皆さま、ありがとうございました。

<放送前の記事>
明日のNHK全国放送に笑顔流で人生が変わってたという方が登場されます。ぜひ、ご覧ください。

**************************
16:35 ~17:19 NHK総合
こころフォトスペシャル「思い出の“あの場所”」 
東日本大震災で亡くなった方へ、家族からのメッセージを紹介してきた『こころフォト』。

熊谷磨さん、熊谷幸子さん
**************************

「先生、今度の教室には大震災から、毎日、ご主人さんにお手紙を書き続けている方が来られます。その方は、ご主人さんの熊谷磨さんが津波で行方不明になったあとも、生きておられることを信じて死亡届を出さないでおられるのです」

このメッセージを伝えて下さったのは、大船渡の教室を主宰して下さっている古内裕子さんでした。このエピソードを読んだだけで、涙があふれてきたのを昨日のことのように覚えています。何も出来ないけれど、精一杯やるしかない。それしかない。そんな想いでした。

そして、当日。とっても、とっても熱心に学んで下さり、その日から熊谷幸子さんのお手紙は笑顔流に変わりました。

教室の後、堀内も、毎月1通はおハガキをお送りして、ささやかながら応援させていただくことにしました。果たして続けられるか分かりませんが、でも、やらずにはいられないと思ったのです。

しばらくすると「毎日が笑顔流でお手紙を書くのが楽しくてしょうがない」というお手紙が僕に届きました。送って下さるお手紙にも楽しさがあふれていました。

月日は流れ、最初の教室から約1年が経った頃、熊谷さんから「前を向いて生きる力をいただきました。死亡届を出すことができました」というお手紙をいただきました。

そして、今日、今、お電話がありました。「先生、明日のNHKの全国放送で、主人の7回忌を出せたことが紹介されそうです」。

テレビに出る出ないはどうでもいいです。大好きなご主人さんに天国でまた会いましょうと想われた、今の人生を精一杯生きようと変化された心の内を思うと、何も、言えませんし、言葉が見つかりません。

でも、良かったと思いました。ご主人さんも、きっと、喜んでおられるんじゃないかと思います。

今回の番組で笑顔流の手紙が放送されるかどうかは、僕には、分かりません。「でも、笑顔流との出逢いがきっかけで人生の新しい一歩を踏み出しました」。そう、おっしゃる方が登場されます。

お時間のある方は、ぜひ、ご覧ください。

**************************
16:35 ~17:19 NHK総合
こころフォトスペシャル「思い出の“あの場所”」 
東日本大震災で亡くなった方へ、家族からのメッセージを紹介してきた『こころフォト』。
熊谷磨さん、熊谷幸子さん
**************************

Please reload

投函500 or 手渡し1000

銀メダル達成者

投函100 or 手渡し150

銅メダル達成者

Please reload

Please reload

プライバシーポリシー 会社情報 笑顔流ハガキのご注文  主催者さま

 © 2014 笑顔流 当サイトに掲載されている画像、文章、筆文字の著作権は笑顔流に帰属します。

個別の許可のない無断の模倣、転載、複製、改編など全てお断りします。

〒060-0034 札幌市中央区北4条東2丁目7-1-601

TEL:011-251-6610 FAX:011-207-0180

MAIL:main@uki2.biz HP:http://www.egaoryu.com/

 

主催、ご参加のお問い合わせはお気軽にご連絡くださいませ。 

 090-7642-8619(堀内携帯)お問い合わせフォーム