2017年9月1日 ​金運神社がご縁のきっかけ富士吉田教室


金運神社がご縁のきっかけ富士吉田教室。

この教室を最初に開いて下さったきっかけは、長田明美さんが、神奈川県で生まれたばかりの笑顔流教室にご参加下さったことでした。それが2012年6月頃のこと。

その時には、ご自身の作品が少し恥ずかしくて、記念写真の後ろに隠れてしまっていました。僕はとっても優しい字で素敵だなと思っていたのですが、当時は、お伝えする力不足だったんですね。

それから時が流れ、長田さんは銅メダル、銀メダルを獲得し、金メダルの階段を着実に上っておられます。地元では、頼まれてお店の看板も書かれました。毎回、お邪魔させていただくたびにすごい成長をされていてビックリしています。

金運神社がご縁というのは、神奈川で長田さんと出逢った当時、金運神社でお祓いをしてもらった金運ハガキに書いていたメッセージを笑顔流の参加者の皆さんにプレゼントしていたことが関係しています。

金運神社は富士吉田市にあるんですね。そこで、「金運神社に来られるんだったら教室を」ということになったのです。本当に不思議なご縁です。

もう一人の、主催者は中岡新子さん。最初は付き合いでご参加下さった、長田さんの同級生です。けれども、そこから、どんどんご活用下さるようになり、銅メダル、銀メダルとスピード獲得して、現在は、金メダルチャレンジ中。

新子さんは、今では、すっかり地元の筆文字有名人になっていまして、スポーツチームの応援のうちわ。イベントでの色紙や作品のブース出店など大活躍です。

一度、僕は富士吉田市で、筆文字なら「新子さんという有名人がいるから会ってごらんなさい」と言われたこともありました。

そんな富士吉田の教室が今では6年目を迎えていて、本当に、ただただ感謝で一杯です。少し経ちましたが6月18日、6月19日の教室も本当にありがとうございました。

実は、吉田教室には達人クラスの参加者が何人もいまして、字が上手なだけでなく、人生、ご商売と活用して下さっています。

中でも小林さんは、経営しているお布団屋さんのお礼状、ご家族さまへの愛のメッセージ、手伝っている高校ラグビー部のメンバーへの励ましの手紙とフル活用。

毎回、静岡県から車を走らせてくれる望月幸子さんは、パッチワークの教室をされていて見事な作品をつくられています。

希代香代子さんは、お子さんの先生、お子さん、お世話になった方への温かいメッセージを頑張っておられますし、他にも、笑顔流のパワーでガンと闘っている方もおられます。

学校の先生、介護施設の方、本当に大勢の方々に支えていただいている吉田教室です。長田さん、新子さん、皆さん、いつも本当にありがとうございます。