2017年9月6日 笑顔流青森組


笑顔流青森組。

青森での笑顔流の始まりは、札幌の方がご紹介下さったことで始まりました。その後、ある、とっても元気な女性の登場で、全てが変わりました。

永年東京で暮らしていて、ご主人さんの転勤で青森にきて1年。お友達は全員で10人いるかいないか。でも、笑顔流開催できますか。

「もちろん出来ます。応援しますので、何でも言って下さいね」

それが、今ではすっかり有名人になった齊藤あゆみさんとの出逢いでした。それから、まだ、2年も経っていません。青森の温かくて、元気な方々と沢山出逢えたのは、あゆみさんのおかげです。その後、あっという間に、青森からは銅メダリスト、銀メダリストも誕生しています。

不安と期待の中始まった笑顔流の開催は、ふたを開けるとあっという間に満席になりました。その後は、色んなところがお声がかかって数百人単位のイベントを次々と成功させてる人気者に成長。現在は、感動溢れるレストランをオープンしようと頑張っておられます。

青森組で驚いたことは数えきれませんが、中でも、素敵なエピソードの主役は、あゆみさんのご主人さんの秀行さんです。笑顔流の使い手の中でも、1、2位を争うほどの、筆文字を書かなそうなキャラクター。とっても大きな身体で、バイタリティーも抜群。聞くと映画「仁義なき戦い」の大ファンとのこと、納得です。

どんなことでも成し遂げる熱い想いがあって、どんな人も仲間にして、夢を叶えていきそうな方です。ところが、現在まで2000通近い笑顔流を沢山の方にプレゼント。あっという間に、上達して、感動物語もたくさんあり、中には人の命にかかるほどの伝説もなしとげています。涙が出るほど優しくて繊細な秀さんなのです。

お2人は本当に底抜けに親切で気が付く方で、ある時には、青森から山形まで車で送って下さったり、うちの女の子2人、フラダンスを教えて下さったり、家族でお世話になっています。

青森組はこんな感じで熱い方が中心なので、熱心に取り組んで下さっている方は大勢おられます。中でも、ダブル鈴木さん、張間さん、小笠原さん、蝦名さん、穴水さん、千葉さん、對馬さんを始め、沢山の方が支えて下さっています。

あと、青森教室の名物といえば、いつも、あゆみさんと秀さんがご用意くださるお弁当が絶品です。思い出も沢山あって、青森のことを想うたびに、いつも、笑顔がこみあげてきます。

7月2日もあゆみさんは、レストラン準備に奔走する中の開催、本当にありがとうございました。ご参加の皆さま、秀さん、いつも、いつも、心から感謝、感謝です。


プライバシーポリシー 会社情報 笑顔流ハガキのご注文  主催者さま

 © 2014 笑顔流 当サイトに掲載されている画像、文章、筆文字の著作権は笑顔流に帰属します。

個別の許可のない無断の模倣、転載、複製、改編など全てお断りします。

〒060-0034 札幌市中央区北4条東2丁目7-1-601

TEL:011-251-6610 FAX:011-207-0180

MAIL:main@uki2.biz HP:http://www.egaoryu.com/

 

主催、ご参加のお問い合わせはお気軽にご連絡くださいませ。 

 090-7642-8619(堀内携帯)お問い合わせフォーム