銀メダル達成 第8号 齊藤秀行さん(青森県青森市) 平成28年8月12日達成


銀メダルチャレンジの規定枚数を達成しました。

振り返りますと、初受講を受けたのが今年の3月27日のことでした。

最初はどう書いて良いのかも判らず無我夢中で、銅メダリストである嫁にいろいろとアドバイスを貰いながら書いていたことを思い出します。

当たり前のことですがはがきは受け取る相手がいなければ書けません、できることから始めようと、ひとつの目標を決めました。

それは、友人、知人、お客様、家族の誕生日にバースデイカードを送ることでした。

私には現在フェイスブックの友人が約400名いますし、友人、知人、お客様、家族の数を考えると膨大な数になります。

だからこそ始める意義があると感じ、とにかく「書こう」と心に誓いました。実は、別の狙いもありまして、それは、ずぼらな私がサボらないための仕組み作りということです(笑)

そして、この目標は現在も進行中で多くの人からの「ありがとう」「感謝」をいただけるようになりました。また、別の狙いである。サボらないための仕組みも歯車が合い「笑顔流を書く」という習慣が定着しました。今では、バースデイカードはライフワークとなりまた。                そして、もうひとつの変化が起きました。

それは、みんなの幸せ探しです。

​フェイスブックや日常には毎日幸せが満ち溢れています。

「子供が生まれた」「結婚した」「孫の誕生日」「願いがかなった」などなど、そんな幸せを祝福するはがきは書いているとなんともいえない幸せな気持ちになります。

それとは逆に「入院した」「子供が引きこもった」などお見舞いのはがきは元気を届けようと心をこめて書くことができるようになりました。

技術面では、マスターズの特権である「基本講座無料」を大いに活用し4回の受講をしました。

その受講を通して「基本の大切さ」に触れ、我流になっていないか?笑顔流のルールは守っているか?が再確認ができたこと、投稿を繰り返していく中で、先生のOKが出ず、へこみながらも書き続け上達を実感したことなどが上げられます。   まだまだ未熟者ですが今後も更なる上達を目指していきます。

最後になりますが、笑顔流を通じ、多くの仲間を得たこと、絆が生まれたこと、初めて笑顔流のはがきを受け取ったあの日からの大きな変化に不思議なご縁と奇跡を感じます。

堀内先生をはじめ、ルミさんの優しさ、初めてはがきを送ってくれた仙台のJIM、笑顔流とのご縁を紡いでくれた仙台の小島社長、私の下手な投稿に毎回のように「いいね」をくれ励ましてくれた千葉さん、釣りきちアートマンさん、マスターズの仲間、友人、家族たち、数え上げればキリがありません、みんなに支えられ今日の私があります。

心から感謝します。本当にありがとうございました。


42回の閲覧

プライバシーポリシー 会社情報 笑顔流ハガキのご注文  主催者さま

 © 2014 笑顔流 当サイトに掲載されている画像、文章、筆文字の著作権は笑顔流に帰属します。

個別の許可のない無断の模倣、転載、複製、改編など全てお断りします。

〒060-0034 札幌市中央区北4条東2丁目7-1-601

TEL:011-251-6610 FAX:011-207-0180

MAIL:main@uki2.biz HP:http://www.egaoryu.com/

 

主催、ご参加のお問い合わせはお気軽にご連絡くださいませ。 

 090-7642-8619(堀内携帯)お問い合わせフォーム