笑顔流プロレスラー登場

先週の週末は青森県十和田市での2度目の笑顔流でした。当日は、いきなり桜が満開になったとのことで、約30分の駅から会場への車中は、キレイな花に感動しっぱなしの時間に。

教室をあちこち移動させていただくことが多い堀内ですが、桜を各所で見せていただける年もあれば、桜を避けるように移動する年もあります。今年は、先日の宮城でも満開、十和田でも満開と感謝、感謝です。

けれども、今回、桜よりも満開の笑顔を広げたのが、主催者の杉山幸輔さん。プロレスラーと整体院の2足のわらじで頑張っておられます。

とっても頑張り屋さんでステキな方なのですが、今回も、奥さまが笑顔流のポスターをつくって下さったり、本当にありがたかったです。チラシやポスターをみてご参加下さる方は、少数派なのですが、今回はこちらで2名の方がご参加下さいました。

その杉山さんからの笑顔満開エピソードというのが、今回、数百万はするプロレスのリングを無料で譲ってもらい、さらには、無料で置き場所を提供してもらったというエピソード。

笑顔流をプレゼントすることで、逆に、ご自身の夢を応援していただくというエピソードの中でも、ユニークで、心温まるエピソードになりました。

さて、いよいよゴールデンウィーク。皆さま、どうぞ、楽しい毎日をお過ごしくださいませ。そして、旅先で笑顔流のプレゼントされて下さいね。

連休明けには丸亀19(土)が、手づくり絵本で作品集。京都20(日)がうちわの中級です。これからの、お祭りシーズンに、ご自身用、プレゼント用に活躍してくれます。

ぜひ、お気軽にご参加下さいませ。



今日は、宮城県登米市での笑顔流でした。

主催の佐藤さん、ご参加の皆さま、本当にありがとうございました。会場は、サイボーグ009の石ノ森章太郎の生家のお隣でビックリしました。そして、今回の主催の佐藤さん、会場をご提供くださった二階堂さんは、石巻のご出身。石巻には、震災後、何度かお邪魔させていただいています。

中でも、家族ぐるみでお世話になったのが、政子さんという高齢の女性でした。石巻のボランティアグループの方に、ある時、割烹政子にいくと言われました。飲み物は持参とのこと。スーパーで飲み物を購入してついた場所は仮設住宅でした。政子さんは、津波でご主人さん、ご自宅、を失いました。

ご主人さんは、マグロ漁船で働き定年した直後のこと、ようやく、これから、楽しい老後を過ごそうというタイミング。政子さんは、小さな仮設の、小さなちゃぶ台から、こぼれ落ちるほどの手料理でもてなして下さいました。もう、いっしょに座って食べましょうと何度お願いしても聞いてくれません。お心尽くしかいつまでも続きました。

本当に、感謝で涙が、止まりませんでした。そんな思い出があります。今日は、皆さんと、ありがたい時間を頂きました。もっと、もっと、ご恩返しさせていただきたい。そんな気持ちで一杯です。



H 28の12月 お隣の佐藤祐子さんから笑顔流のハガキをもらったのが出会いとなりました。

「すごいね、祐子さん」といったような気がします。 そして、一関教室に誘われ、憧れの教室に参加しましたが、苦手な自己紹介の時間があったんですね。今でも苦手です。 それでも、三時間後には、写メすれば、あら、なんとか書けてるなあと感心しました。

しかし、その後、なかなか進まず、祐子さんには、ハガキをもらったり、バースデーカードを書いてもらったり、あのほっぺポンポンをもらったりしてましたが、思い出したように書いては、渡せなかったり。書いても、渡す勇気がなくて、気が重くなってきました。教室に参加すると、やはり、おなじように悩んでいる人もいたり、アドバイスをもらったり。 間もなく、藤沢教室が開催されることになって、ますます、身近になっていました。堀内先生はじめ、藤沢教室の佐藤祐子さん、伊藤恒子さん、三浦和子さん、野本かおりさんの主宰者のみなさんに励まされて、な んとかここまでこれました。感謝申し上げます。 一番印象に残っているのが、あるお客様に渡したときのことです。 何度かお会いしたときに、ご両親はいつもニコニコされていますが、息子さんは、いつも難しい顔をされています。お引き渡しのときにハガキを渡しました。三人に渡したのですが、息子さんは、今まで見たことのない笑顔で、言葉はありませんでしたが、気に入っていただいたようで、あの光景を今でも思い出します。

150枚目ですが、入院していた母が、退院の迎えに行くときにかきました。 ずっと病弱な母ですが、私たち兄弟にとって、ぴったりの気持ちをマスターズで見つけて書きました。今でも、週3日通院して、入退院をくりかえしています。8年前に父がなくなってからますます、マイナスモードの母。そして、退院の迎えに行ったはずでしたが、また、体調くずして、延期になったときに、渡しました。

「これみたら、力出てきた~」その日、マイナスセリフはでませんでした。

わたしに笑顔流は、春の陽射しのように日々の支えになってくれます。 笑顔流で出逢えたみなさんに感謝申し上げます🙇