笑顔流 書家 泥海(本名:堀内正己)1972年大阪生まれ。札幌在住。
サッカー選手への夢が破れ、恋に破れたことがきっかけで​18歳で札幌に移住。子供の頃から対人関係が不器用で、職を転々とした後、自営業を始めたが全く上手くいかず、ハガキのお礼状を自己流のくずした筆文字で書くようになり運命が変わった。2011年で笑顔流筆文字教室をスタート。​ご参加の方の口コミでこれまで累計約1万人が参加。2018年書家活動を開始。小規模ながら日本全国で個展を開催している。

日本全国で筆文字教室を開催しながら書家活動をさせて頂いています。教室の開催についてはこちらに、書家活動についてはこちらに詳細がございます。ブログはこちらから、FBはこちらご覧いただけます。

プロフィール:人生の挫折や失敗と逆境に負けない温かい方々との出逢いから生まれた筆文字です。

教室活動をさせて頂いている中で、一番、ご参加の多かったのが宮城県と岩手県の方々でした。被災された方も大勢おられます。その方々の中から数多く「あの日から初めて笑顔になれた」「人生を取り戻せた」「前向きに生きる気持ちになれた」とのお言葉を頂き信じられない思いでした。「逆にこちらこそ、胸が震えて言葉になりません。感謝しかありません」そんな言葉を何度お伝えしたか分かりません。ボランティアで訪れた石巻では逆に信じられないくらい親切にされて涙があふれたこともありました。そして、あるお嬢さまを失われた被災者の方から「どんなに報道されても、被災地の人の気持ちは分かってもらえない」との言葉から、すべての犠牲者の方に笑顔流のメッセージを贈る活動をスタート。そんな時に夢に出て来たのが「笑顔流石ころ地蔵」です。今回は書き溜めた犠牲者の方へのメッセージとお地蔵さんを展示します。

展示作品「笑顔流石ころ地蔵」
​東日本大震災の犠牲者の方を追悼する作品です。

教室活動を始めたころ「長い間子供の引きこもりで家庭内暴力に悩んでいたけれど、笑顔流のメッセージを子供に毎日書いてあげたら学校に行くようになった」というお母さんとの出逢いがありました。その後、虐待をしているシングルマザーの方との出会いがあり「どうしても自分を抑えられない」という話を聞き、僕と一緒に子供にメッセージを毎週書いてあげることを始めました。結果「何より大切な宝物だ」とお子さんが大切にしているそうです。毎年、クリスマスには札幌市の児童養護施設の子供たちにプレゼントを贈っているのですが、60人全員に筆文字を贈ったところ全員の子供たちからお礼の手紙が届いたことがありました。この作品は、花巻市の児童養護施設にプレゼントさせていただいたものです。笑顔流で子供の虐待が少しでも減ること、1人じゃないんだよというメッセージを届けていきたいと思っています。

展示作品「地球の宝物」

​子供たちが笑顔で夢を追えるよう願った作品です。

2016年末期がんの女性の患者さんが教室にこられました。あらゆる治療に効果がなく、先生からは緩和ケアを勧めらた。でも、死にたくない、諦めたくない。だから、笑顔流を力の限り書いて、自分も笑顔になりながら笑顔をお友達に届けてあげたい。その笑顔の力でNK細胞を増やして最後のチャレンジをしたい。それから2年後、その方は約400枚のメッセージを書かれて天国に旅立ちました。眠れない夜、体中が痛みで苦しい時、笑顔流を書いていると心を取り戻せたと話してくださいました。僕は彼女を死なせられないと亡くなるまで2年間、毎週、応援メッセージを贈りました。亡くなった時には、もっと、もっと、力があればと悔しでたまりませんでした。以来、生徒さんと、全国各地のガン患者さんを応援するイベントに行き、ボランティアでメッセージを贈るようになりました。この作品は、そんな力をくれたがん患者さんへの想いを込めたものです。詩は昭和24年に亡くなられた上野千里さんの作品。

展示作品「微笑み」詩:上の千里 書:泥海

​末期がんで他界した生徒さんへ贈る作品です。

すべてが「空」だという悟りを得たならば、どんな悩み苦しみをも克服して幸せになれるという「般若心経」。そして、どんな苦境も観音菩薩を念じて人に親切にすれば救われるという「観音経」が大好きで、何度も書いているうちに「怖いお経じゃなくてこれなら飾りたい」「いくらでも不思議に見ていられる」と気に入っていただけるようになった作品です。会場では、お守り用のミニ「般若心経」もご用意させていただいています。

展示作品「笑顔流ニコニコ般若心経・観音経」

​日本で最も愛されるお経を笑顔流で表現。

人生のどん底で出逢った恩人が教えてくれたのが「ありがとう」という言葉でした。それまで、誰からも「ありがとう」と言われたこともなく、言ったこともほとんど無かったと思います。その恩人は、私が「ありがとう」を伝える勇気が出ないうちに天国へ行ってしまいました。以来、お世話になった方に「ありがとう」を伝え忘れることがないようお礼状を書き続けています。全て加えると2万枚以上になると思います。これまで、数えきれないくらいの沢山の小さな奇跡が起きました。天涯孤独の人間でしたがささやかな家族に恵まれ、日本全国の温かい方にご親切を頂いています。仲が悪く心通じ合えなかった母とも和解が出来ました。深刻なご病気が快復した方には「どんなに辛くても負けない元気をもらった」と言われたこともありました。教室が始まってからは、生徒さんも「ありがとう」で沢山の奇跡と出会っています。夢が叶ったり、絆が結ばれたり、ご商売が良くなったり。そんな物語が沢山詰まった「ありがとう」を展示させていただきます。

展示作品「笑顔流 ありがとう」

​これまで、数えきれない小さな奇跡を起こしました。

 全国の教室で学んで下さっている方の中でも、特に、熱心に学んでおられる方々が「笑顔流マスターズ」の会員さんです。昨年、銀座で個展をさせて頂いた時に出展下さった​作品を展示させていただきます。

生徒さん作品も展示

​力作が多数そろっています。

今回、個展会場の特設スペースにて教室を開催させていただきます。25日が初級、26日が中級です。初級は道具をこちらでご用意させていただきますので手ぶらでご参加いただきます。3時間で時間が経っても「飾っている」「宝物になっている」「お守りにしている」と言われる秘密の内容をご紹介させて頂きます。
【時 間】(初級編) 25日 午後14:00~17:00
     (中級編) 26日 午後14:00~17:00 
【お問い合わせ先】(堀内携帯)090‐7642‐8619
  ネットからのお申込み、ご質問、ご相談はこちらからどうぞ。 
【お支払い方法】当日受付にてお支払いください≪ご満足返金保障つき≫
初級編3時間コース 感動のハガキ(年賀状、バースデーカード、お礼状)
参加費:6,980円(筆ペン、道具付き)
中級編3時間コース 100円グッズ書きまくり
参加費:7,980円(筆ペン・達人手帳をご持参下さい)
※中級編は、初級編を受講済みの方がご参加いただけます。

 

25日26日14時から教室を開催します。

​25日は感動のハガキ、26日は100円グッズ

活動5年目にはいった小学生の姉妹。お姉ちゃんの「れん」と妹の「なつき」です。イベント、飲食店、介護施設などで活躍。一緒に唄ったり踊ったりの楽しい30分間です。ぜひ、ご来場ください。

姉妹ユニット「れんなつ」による沖縄音楽のライブ
25日26日13時から無料です。30分間。

​世界で1つだけのメッセージです。ご自身用、お子様用、お祝い、お礼、お見舞い​、応援、沢山の経験がありますので、何でもご相談くださいませ。

毎日先着10名さまにハガキサイズの笑顔流メッセージプレゼントさせていただきます。(お名前入りの直筆)

​​「笑顔流」は唯一無二のアート作品です。いかなる方も、モノマネ、パクリ行為は一切お断りします。

当サイトに掲載されている画像、文章、筆文字の著作権は笑顔流に帰属します。個別の許可のない無断の模倣、転載、複製、改編など全てお断りします。

〒060-0034 札幌市中央区北4条東2丁目7-1-601

090-7642-8619(書家 泥海-堀内携帯)お問い合わせフォーム
 © 2014 笑顔流 書家 泥海 (c)2014 deikai
プライバシーポリシー
 会社情報

この他、沢山の作品、グッズをご用意しています。笑顔流 泥海 個展 ぜひ、ご来場くださいませ。